ウッキ!エテ吉でも頑張ると
こんなにアフィリエイトで稼げたよ!

ジダンの頭突き問題

エテ吉

「マスター何必死で読んでいるウキ??」


飼育係

「あ〜エテ吉か〜
いやいや、とうとうマテラッツィにジダンが挑発されて頭突きした時の発言が分かったみたいなんだよ」


エテ吉

「ウキャ〜それは興味津々ウキよ〜〜〜〜
一体マテラッツィはジダンになんて言ったんだウキか??」


エテ吉が事の真相を知る前に応援ヨロシクね(笑)ブログランキングへ!  


飼育係

「こんなやり取りだったみたいだよ。

マテラッツィがジダンの服を引っ張った時、ジダンに

「そんなにユニホームが欲しいなら、後でくれてやる」

と言われた時に

「それならお前の姉妹の方がいい」

と答えたらしいよ(^^;


明らかになっていない時は人種差別的な発言したと言われていたけど、そこまでひどくは無かったようだね。


でも、やっぱ家族の事を言われると、誰だって相当ムカつくかもしれないね〜
頭突きはやりすぎだけど(^^;」


エテ吉

「ウキウキ、でも僕もマスターの事を言われたら頭突きぐらいするウキよ〜
だってマスターはお父さんのような存在ウキ!
ムカつくのも当然ウキ〜」


飼育係

「エテ吉・・・・
なんて優しいんだ・・・・(号泣

エテ吉・・・一緒に頑張ろうな!」


エテ吉

「ウッキ!!当たり前田のクラッカーウキ!!」


飼育係

「エテ吉・・・どこで憶えたんだい・・・
そんな昔のギャグ」


ビックリするぐらい古いギャグをエテ吉が言った所でブログランキングへの応援お願いね(笑)  


この記事へのコメント
始めまして。
TB有難うございます。

このジダンとマテラッツィの事件ですが、マテラッツィは誰もがしょっちゅう試合中に発する言葉の様で多分ジダンを傷つける事になるとは思わなかったのでしょう?
しかしジダンにとってみれば、深刻な問題だった様ですね。

だから冗談のつもりで言った言葉が相手を傷付けるって感じの結果になってしまったのが今回の事件の様な気がします。

こちらもTBさせて頂きました。(^_^)
Posted by YUKI at 2006年09月06日 15:58
TBありがとうございました。
日本向けに、この真相を流したのはわたしが最初だ、と勝手に思い込んでおります(笑)。

TBのやりかたが未だ良くわかりませんので、コメントでこめんと、いやご免と致します(笑)。
Posted by 「ドイツ語、ドイツ語、どちらさまも、どうぞ!」ジダンの頭突き問題、真相明らかとなる at 2006年09月06日 17:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23319109

この記事へのトラックバック

ジダンvsマテラッツィの真相
Excerpt: 非常に残念な最後となったことで、有名になったワールドカップドイツ大会決勝。 あの時ジダンがなぜ頭突きをしたのかが、世間でも話題となり様々な憶測が乱れ飛んだわけだが、正式な内容の発表があったようだ。 ..
Weblog: SUKIなこと
Tracked: 2006-09-06 06:28

No.391:告白
Excerpt:  おはようございます。ここにきて、世界を仰天させた「頭突き事件」の真相が告白されました。 ? 7月のサッカー・ワールドカップ(W杯)ドイツ大会決勝で、フランス代表の主将だったジネディーヌ・ジダ..
Weblog: !? びっくり&はてな
Tracked: 2006-09-06 08:34

マテラッツィ発言
Excerpt: インテルのDFマルコ・マテラッツィがシーズン開幕を前に控えて、ワールドカップ決勝でジダンに言った発言を明らかにしたんだそうで。 マテラッツィ、発言内容明かす=ジダンの頭突き事件で−欧州サッカー(時事..
Weblog: 川の果ての更に果てに
Tracked: 2006-09-06 12:31

サッカー・ワールドカップでのあの事件
Excerpt: 以前、「ジダンの退場騒動」に関する記事を書いていましたが。。。 先程Yahooニュースと、livedoorニュースに書いてありましたが、あの問題に関して遂に当事者2人が沈黙を破ったようですね! ..
Weblog: YUKIのエンタメおしゃべり帳
Tracked: 2006-09-06 15:52

2006W杯
Excerpt: 世界最大のスポーツイベント、W杯。ブログでも盛り上げませんか?
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-09-07 17:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。